自分自身で蜂の巣退治!安全に行なうために流れを把握

スズメバチが好んで巣を作る場所~危険な場所をチェック~ スズメバチが好んで巣を作る場所~危険な場所をチェック~

自分で蜂の巣退治を行なう手順

自分で蜂の巣退治を行なう場合、どのような流れで行なえばスムーズなのでしょうか。蜂の巣退治の手順をまとめてみたのでチェックしてみましょう。作業にかかる前には、手順をあらかじめイメージトレーニングしておくことも大切です。

スズメバチの巣の場合

少し離れた位置から殺虫剤を噴射

まずは、安全を考えて防護服を着ます。働き蜂が巣に戻っているのを確認して、蜂専用の殺虫剤を巣から1~2m離れた位置から一気に噴射します。極端に近づきすぎないよう、ほどよく距離を保つようにしましょう。羽音が聞こえなくなるまで、20~30秒程度吹き付けましょう。スズメバチの巣は外殻が頑丈で外から吹き付けても中まで届かないので、なるべく中に薬剤が入るように意識しましょう。

蜂の巣を取り除く

蜂の巣から羽音が完全に聞こえなくなったのを確認してから、巣にゴミ袋をかぶせます。ごみ袋の中にすっぽりと巣が落ちるような感じで巣を取り外します。ごみ袋は透明や半透明を使い、中の様子を確認しながら行ないましょう。巣の残骸の中に生きた蜂が残っていると危険なので、落ちた残骸もほうきでキレイに掃除しておきましょう。

ゴミ袋に入れる

巣を入れたごみ袋の口をくくるようにすぼめ、念のために、再度ごみ袋の口から殺虫剤を噴霧します。ごみ袋の中に殺虫剤を充満させるようにしましょう。生きた蜂が巣に残っていたり、ゴミを出すまでの数日の間に蜂が羽化したりする可能性もあります。万が一そのようなことがあっても、蜂が外へ出てこれないように、ゴミ袋の口は固く結びましょう。

自分でできないときは業者も検討しよう

駆除するのに難しい場所にできていたり、巣が高い場所にあるときや巣が大きくなっていたりするときなどは、自分で駆除しようとすると蜂に刺される可能性が高いので危険です。無理をせず、専門の業者に依頼して身の安全を確保することを優先しましょう。業者が作業を行なうまでは、むやみに蜂の巣を刺激したりしないようして過ごすことがポイントです。

TOPボタン